忍者ブログ
Admin§Write

Ride on time with Mai-K

倉木麻衣さんを応援するブログ。 他にも音楽の話や日常の話しもしようと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


FCイベント名古屋公演に参加してきました(3):ライブコーナー・レポ

倉木麻衣のMai.K Diary:ファンクラブイベント in 名古屋 - livedoor Blog(ブログ)


このFCイベントのメインイベント(寒っ)は、やっぱりライブコーナーだ!とゆことでさまざまな感想や想いもありまして、内容を2~3回に分けたいと思ってましたが、今後の僕の仕事の事情もありましてライブコーナーのレポは1回にさせていただきますね。
非常に長文となりましたが、お時間があるときに完読していただけると幸いです。

なおレポの内容ですが、ライブコーナーの全てを自分の記憶だけで辿っていくのは困難です(><)
そこで、複数の麻衣友さんのレポを参考にさせていただきまして、記憶の糸を辿る手助けにさせてもらいました。
セトリとMCの感じさえ分かれば、だいたい思い出せますので(笑)


そして、毎回ご閲覧の際にご不便をおかけしてしまい、ほんとうに申し訳ありませんが、
これより先、“続きを読む”以降は完全にネタバレです!
なので、レポの内容をご覧になる場合、本文をマウスでドラッグしてくださいね。

では、続きを読むより、どうぞ…。

※2008.8.17 ネタバレだった部分を読めるようにしました。


▽続きを読む>>

待ち時間をナイスなトークで繋げてくれたトーマス氏に感謝をしつつ、ステージ前の幕が上がり、いよいよライブコーナーがスタートです!
セットも本格的で、幻想的な光に映し出させるシルクのようなカーテンが雰囲気を引き立てるようです。

オープニングムービーがあったと思いますが、麻衣ちゃんがキーボードの練習をしてた場面だったような…。
詳しくは忘れました(苦笑)

いよいよギターの大賀さんと、キーボードの大楠さん、そして麻衣ちゃんが登場して、演奏が始まりました。
麻衣ちゃんの衣装ですが、上も下も黒でして、ジーンズは黒のローライズスキニージーンズだったと思います。
麻衣ちゃん、僕も似たのをはいてますよ~(爆)

この衣装のイメージは、こちら。
FCイベント、ライブコーナーの衣装のイメージ1

今回は、二人の演奏とは別に、打ち込みでの演奏も用意されまして、アコースティックとはちょっと違う雰囲気でした。

1:Love,Day After Tomorrow
2:Secret of my heart
いきなり、連続で初期の代表曲を披露とは、なかなかやりますね(笑)
これらが普段ライブで披露される時は、必ず席を立って応援するのですが、ずっと座ってましたよ。
でも、座ってても“L・O・V・E”はあるようで、ちゃんと麻衣ちゃんから仕掛けてきました(笑)
でも、振りの感じがちっと違いますね。Lをしたあたりの振りがね。
シクレは僕は絶対バラードと思ってますので、黙って聴き入ってました。

それにしても、この日は声も良く伸びてまして、これら初期の代表曲に新たな命を吹き込んだみたいな印象を受けました!

ここで、MCがあったのかな?
大賀さんによると名古屋の楽屋では、なぜかポンジュースが置いてあるそうで、それ以来好きになったとか言ってました。

3:Top of the world(カバー)
4:Change The World (カバー)
5:Don't Know Why(カバー)
そして、倉木麻衣の新たな真骨頂!カヴァー曲の立て続けの披露となりました!!
ここでは、背の高い椅子に座りスタンドマイクのスタイルです。
アコースティック定番の歌い方ですね。

Top~はCDLでも披露されたので、この曲を歌うこと事態には極端に驚きませんでした。
でも、麻衣ちゃんの歌唱力には、驚かずにはいられません!
メチャクチャ歌が上手いですね。CDL当時と比べると、名古屋では声の調子が非常に良いのもありますが、その圧倒的な歌唱力には鳥肌が立ちました!!!

Change~はややアップテンポな感じの曲でしたが、こちらでも麻衣ちゃんの実力を見せ付けてもらいました。
カヴァー曲のときの堂々とした歌いっぷりは、自信があるからこそだろうね(^o^)/
Don't~は、どんな曲調だったでしょうか?ミディアムテンポの曲だったと思いますが、歌いっぷりはなかなかでしたよ。
FCイベント、ライブコーナーの衣装のイメージ2


こうして、立て続けにカヴァー曲を聴かせてもらって、麻衣ちゃんのさらなる成長を感じて感動しっぱなしでしたね(ToT)
毎年、どんどん実力を上げてくるので、おじさん困りますね(謎)

6:Stay by my side
そして、再び、初期の代表曲でかつライブでもほぼ必ず披露してくれる、ステバイです。
曲前のMCも曲への想いをしっかり語ってくれまして、僕たちもしっかり気持ちを受け止めるぞとなりまして、歌い始めたところ・・・
あ~麻衣ちゃん、歌詞が飛んじゃったよ(><)

でも、さっきまであれだけのカヴァー曲を熱唱してくれてそれだけでも大変だったろうし、カヴァー曲で麻衣ちゃんが頑張って歌ってたのは手に取るように伝わってきましたよ(^_-)
カヴァー曲を無事歌いきれて、麻衣ちゃん自身もホッとしてるかも知れませんね。
それでもちゃんと歌いたかっただろうステバイでこうなってしまったのはファンとしても残念です(;_;)


ダイアリーでもこうなってしまった事を悔しがってるようですが、麻衣ちゃんどん麻衣ですよ(^o^)/

7:Baby I Like
おお~幻の全米デビュー曲じゃないっですか(゜◇゜)
こうして生で聴いて、さらに今の実力で披露してくれると、曲に新たな命が吹き込まれたようです。

8:one for me
9:会いたくて...
10:君との時間
麻衣ちゃんの真骨頂、再びバラードの披露です。
ここで初めて生で聴ける曲があり驚きを隠せませんが、でもこれは驚いたとゆうよりも、涙で感動したって言い方が相応しいでしたね(^^)
「one for me」は、さすがにCDと比べても遜色ない歌唱力で、安心して聴けました。
続いて、麻衣ちゃんきっての泣き歌「会いたくて...」ですが、今回もこの泣き歌をじっくり味あわせてもらいましたよ。
そう言えば、DWツアーのときは、隣の席の可愛い子が「会いたくて...」で泣いてたのを思い出しました。そっと抱き締めたっけ(・∀・)
今回も隣が可愛い女の子なので、そっと抱き締・・・(以下自粛)

そしてさらに、今回は超レアな「君との時間」まで披露していただけたとは、ひでき感激(核爆)
麻衣ちゃんもMCで、この曲を歌うのはたしか10年近くぶりだとか言ってましたので、思いもひとしおだろうね。
こんな秘蔵曲まで聴けるなんて、まさしくエクスクルースィヴ・ライブならではですね♪
アルバム『delicious way』ではまだ未熟な歌唱力だったので、この曲も名古屋で新たな命を吹き込んだのでした!

11.Have You Never Been Mellow(カバー)
ここで再び、カバー曲の披露です(^o^)/
麻衣ちゃんのMCでも、“次に歌う曲は皆さんもきっと知ってると思います。知ってる方がいらしゃったら一緒に口ずさんでください。”と言ってました。
イントロの演奏では僕は分かりませんでしたが、麻衣ちゃんが歌い始めると、僕でも分かりましたよ(^_-)
オリヴィア・ニュートンジョンの名曲じゃないですか!
この曲まで、麻衣ちゃん自分のものにしてしまうなんて、もう脱帽するしかありませんねm(__)m

12:BE WITH U
そして、これからのライブ定番曲になりそうな感じですね。
緩やかな横揺れが心地いい曲です(笑)

ここで、アンコールの準備で皆さん引き上げていきました…。
アンコールとゆうか、マイケーコールが沸き起こったんだったっけ??

再び大賀さんと大楠さんが戻ってきまして、拍手で迎えられました!
麻衣ちゃんもステージに麻衣戻ってきまして、当然のように衣装チェンジしましたよ。
ヘアスタイルは、遠いので良くわかりませんでしたが、普段どおり真ん中訳で髪を下ろしてる感じに見えました。

チェンジした衣装は、MY Tシャツ白と、下は黒のジーパン(多分)ですね。
やっぱり麻衣ちゃんはジーパンじゃなきゃ(爆)
FCイベント、ライブコーナー後半の衣装のイメージ

13:Chance for you

FCイベントでのこの曲はちょっと違いまして、麻衣ちゃんが練習していたキーボードで弾き語りをしてくれました。
通常は麻衣ちゃんと合唱するのですが、一生懸命弾いてくれてる麻衣ちゃんを見ると、やはり合唱は出来ませんよね…。
でも、最後の方は少しだけ合唱していたようです・(僕は諸事情によりクチパクです・滝汗)

14:一秒ごとにLove for you
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!!
キタァ~~(←織田裕二の真似・爆)
なかなか歌ってくれなかったので、あれ?新曲はどうしたのだろう??と思ってましたが、やっぱりこれを披露してくれなきゃ始まりません! この夏を麻衣ちゃんと過ごすのに必須ですからね~

ところが、この曲が始まってもなかなか席を立つ人がいなくて、せっかくノリノリの新曲を披露してくれるんだから、思いっきり応援したい!って気持ちとは裏腹に、自分が立つと後ろの人が見えなくなるので、どうしても僕だけ立つ訳にはいきませんでした(;_;)
ところが、しばらくすると一斉に立ちあがったので、僕もためらわず一気にえびぞりみたいに立ち上がりました(核爆)

初日で、かつ新曲は初披露とゆうことで振りができるか心配でしたが、これでもう安心ですね(^o^)
皆さんも「いちラブ」の振り、しっかり身に付いたことでしょう\^o^/

15:Feel fine!
立て続けにノリノリの夏歌の披露ですか(^o^)/
これで、通常ライブの感覚を取り戻してきましたよ!!!
でも、僕はジャンプはあまり好きではないので気持ちだけで飛んでましたが、なにか(笑)
去年冬のBE WITH Uツアーでは披露しなかったので、もう封印かと思いましたが、この夏は健在のようですね。
グランキューブでは再び封印される予感もしますが(汗
変わりの曲は「Kiss」がいいかな…。

せっかくライブの感覚を取り戻してきた所でしたが、これで予定していた曲はすべて終了したようです。
終了後のご挨拶で麻衣ちゃんは大きく手を振りながら、ステージの両端にも来てくれました。
この日は双眼鏡を忘れたので、麻衣ちゃんの表情や何かがあまり分からなかったのですが、この笑顔でほっとしました(^^)

やっぱり、ずっと手を振ってくれてありがとうって言ってくれるのは嬉しいですよね。
ここで麻衣ちゃんは、“でら嬉しかった”とか言ってませんでしたっけ??
どうせなら麻衣ちゃん、“どえりゃあ~”のほうが、もっといいですよ(えっ)


とにかく、これでライブコーナーは終了しFCイベントも終了とゆうことで、皆さんホールから出て帰っていくのでした。
続く…。

それにしても、こうしてライブコーナーを見てると、いよいよデビュー10年が近づいてるのに、ここまできてもまだ成長著しい麻衣ちゃんには、ほんと驚きました!
去年のFCイベントでも「麻衣ちゃん一段と歌が上手くなったな!」と感じたものですが、今年はさらに歌唱力があがったように思えてなりません!
僕の知ってる(過去に応援してきた)アーティストは、しばらく応援していても、それほど極端な成長はありませんでしたが(そもそもアーティスト生命って短いので・苦笑)、これだけ長くアーティスト活動ができて、しかもこれだけ成長をしてくれるのは、麻衣ちゃんのアーティスト活動に対する真面目さや努力のたわものなのでしょう!

去年とおなじく、麻衣ちゃんの成長具合を初披露してくれるFCイベントは、ファンクラブならではの大特権ですよ(≧∇≦)/
ちょっと油断して目を離すと麻衣ちゃんの成長を見逃してしまうぞ(えっ

これからも好きなアーティストNo.1はELT(←えっ)、No.2は麻衣ちゃんは、永遠に不動でしょう!

<前回のレポ・トークコーナーの追加>
ライブコーナーの前のトークの時、誕生日についての質問のときだったと思いますが、司会のアップルさんが「麻衣ちゃん何歳になるんでしたか?」と聞いた所で、麻衣ちゃんは「・・・」でしたね(^^;
麻衣ちゃんもそんな年頃なのか。
でも、麻衣ちゃんは今でも高校生でも全然通用するので、せっかくの童顔とお肌の瑞々しさを活用してくださいね(笑



最後までお読みくださいまして、どうもありがとうございました。
PR

●Thanks Comments

1: 無題

kenziさん、おひさしぶりです。
ネタバレの項目はスルーさせていただきました。
今月は、YUIヲタモードですが、来月はMai-Kモードに復帰の予定ですよ。
YUIさんのコンサートのアンコールの呼び出しはなんと拍手だけでしたので、Mai-Kを叫びたかったです。Mai-Kコールの勝るコンサートは今だかって無いですね。来月は帝都の中心でMai-Kを叫んできます。

posted by 『ありのままに』のタカ ||2008.07.24 23:35編集

>タカさん

こちらこそ、なかなかご訪問できずにすみません…。

ネタバレについては、全公演終了したら、きちんと再投稿しますので、その時はよろしくお願いしますね…。

それにしても、タカさんのYUIさんへの情熱は凄いものがありますね!
夢中になれるのは、とてもいいことだと思います。でも僕としては麻衣ちゃんが一番だとさらにいいことだと思うのですが(笑)

ああ、アンコールはELTでもアンコールの掛け声と拍手だけですね…。
ELTのコンサートは長い間ずっと参加していてそれはそれでいいと思ってましたが、麻衣ちゃんのライブに行くようになり、Mai-Kコールを体験すると、やっぱりこのような言い方があると応援のし甲斐があるな!って思いましたよ(^o^)/

そして、タカさんがMai-Kモードに変わる、帝都公演も近づいてきましたね。
思いっきりMai-Kを叫んでくださいね(^_-)

posted by ken-zi at 2008.07.25 23:44

2: 無題

こんばんは。 「Door」を聞きながらコメントに参りました。

軽~~くですがネタバレレポ読ませて頂きました。FCイベントに参加しなければもっとじっくり読むところですが・・・。
なんせ東京公演が控えてますからねw

しかし、これだけの長文を一記事にまとめるのもかなり時間が掛かったんじゃないですか?! ご苦労様です!



posted by みつを ||2008.07.24 23:42編集

>みつをさん

おっ、今回はELT友のみつをさんですね(笑)
僕はその時「Crispy Park」を聴いてましたが、なにか。

いえいえ、皆さんに頭真っ白のままFCイベントに挑んで欲しいとゆう願いから、厳重なネタバレにしましたので(^^ゞ
でも、軽くは見ちゃったんですね…。

まぁ、最終公演が終わったら、ちゃんと再投稿しますので、その時は名古屋と東京を比べてみてくださいよ(笑)

ありがとうございます!
このレポは、たしかにかなりの時間がかなりました…。
でも、イベントの後に会社の休みがあったので、じっくり取り組めたからからね~(^^)
やっぱり記事と言えば、下書きでしょ(爆)

posted by ken-zi at 2008.07.25 23:57

3: 無題

ライブ編の詳細レポお疲れ様でした。
今回も「大作」ですね。
恐らく、下書きも含めて何時間もかかったのではないでしょうか…。

やはりライブのレポは、記憶がはっきりしているうちに書くのが一番ですね(^^;

今度は自分がライブ編レポを書かなきゃ…(汗)
ということで、ken-ziさんのレポも参考にさせていただきますね。

続きも期待しています!

posted by toshiURL2008.07.25 23:11編集

>toshiさん

ありがとうございます!

toshiさんはご存知のように、お陰さまで時間があったので、早々とレポに取り組む事ができました(^o^)/
そう言えば、もともと僕って“遅レポ王”じゃなかったっけ(爆)
前回のレポでは、あまりに遅すぎてレポが書けなかった悔しい覚えがあるので、今回は高速レポにしました(^^)

で、次はtoshiさんの番ですね(えっ)
toshiさんがお書きの方が、もっと沢山の方に名古屋公演の良さが伝わると思いますので、楽しみにしてますね(^_-)

P.S
明日の夜から、当分出張の仕事になりました(><)
詳しくは明日の朝、記事で書こうと思ってますので、よろしくお願いしますね。

posted by ken-zi at 2008.07.26 00:17

●この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
E-mail
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード ※投稿者編集用
秘密? ※チェックすると管理人にしか見えません

●この記事へのトラックバック

TrackbackURL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Mai Commu

Profile

プロフ画
ken-zi
アルバム『FUSE OF LOVE』の頃から本格的にファンになりました。それまでも倉木麻衣ちゃんのシングル・アルバム共、デビューからずっと買ってましたが、ふとしたきっかけで麻衣ちゃんの良さを再認識し、今に至ってます…。

ここでは、倉木麻衣ちゃんを応援するブログとして、そして麻衣ちゃんを一緒に応援する麻衣ブロガーさんと共に、ファンとしての気持ちを伝えていこうと思ってます。

麻衣ちゃんの他に、以前からELTのファンもしています。
 

・mixi支店
・支店のブログ(麻衣コミュNo.331)

カウンター

最新コメント

[01/14 デカワンコそば]
[09/15 NO NAME]
[08/29 司馬曹英]
[08/26 熊]
[08/20 みつを]
[08/05 熊]
[07/19 !@倉木@!]
[07/14 ウォーターズ大尉]
[06/07 ウォーターズ大尉]
[06/06 熊]

バーコード

Ninja Tools

全国天気

Mai-K Link

Mai-K Fan Link

共に麻衣ちゃんを応援される方々のブログ&HPリンク集
※なお、ほとんどご交流がないと思われる方のリンクは勝手ながら外させてもらう場合があります。 その際は、ご指摘していただければ再リンクさせていただきますので、コメントなどでお知らせください。

≪ ブログ休止のお知らせ。 |PageTop| FCイベント名古屋公演に参加してきました(2):入場~トークコーナー・レポ ≫

※ 忍者ブログ ※ [PR]
 ※
Writer 【ken-zi】  Design by NUI.T  Powered by NinjaBlog